関内駅直結シェアオフィス | G Innovation Hub YOKOHAMA

関内駅直結シェアオフィス | G Innovation Hub YOKOHAMA(TM)

内覧申し込み&その他 お問い合わせ  

G Innovation Hub YOKOHAMA

NEWS

お知らせ G Innovation Hubからのご案内

夏季休業のおしらせ

2022.08.04

誠に勝手ながら、以下の期間を休業とさせていただきます。
———————————————–■夏季休業日2022年8月11日(木)~8月15日(月)※2022年8月16日(火)より、通常通り営業いたします。———————————————–

夏季休業中は、お電話でのお問い合わせができません。
お問い合わせを希望の方は、問い合わせフォームよりご連絡をお願いいたします。

イベント

4時までのコワーキングスペースってあり?いや意外に使えるのを知ってほしい体験会、開催します

2022.07.15

当施設の1日利用(ドロップイン)を無料で体験できる企画です。
コワーキングスペースで仕事に集中し、リビングスペースでひとやすみ。もちろんオンライン会議も可能です。
ぜひこの機会にお試しください。

日時:7月19日(火)~8月10日(水)*期間中の土日祝を除く 午前10時~午後4時
*上記時間内でしたら、いつでもご利用可能です。(事前予約制)

こんな思いの方におすすめ:

仕事後のジム通いや趣味、家族との時間に充実させたい方
仕事後にハマスタで観戦予定の方(ハマスタまで当施設から3分!)
仕事後に関内で飲みたい方(周辺には居酒屋がたくさん)

当日どんなことができるの?:

Gのキッチンを利用し、自家焙煎コーヒーが無料で飲めます!
体験中はオンライン会議やお電話も可能です
入居者さんのお仕事内容を知ったり、直接お話しすることも可能です

 

申込方法:

下記ページより、必要情報をご入力いただき、「お問い合わせ・ご質問 message」に、「無料体験会参加希望」とご入力ください。申込フォームこちら

 

スタッフが考える関内で4時までが”G”OODな理由とは?

当施設は、1日利用(ドロップイン)が、朝10時~夕方4時までとなっています。
理由は、スタッフが小中学生の母親であり、家庭と両立しながら働いていることもあるのですが、なにより、関内で働くなら、4時までがベストかと考えています。
まず、周辺には、お酒が飲める場所、美味しいご飯が食べられる場所が多いこと。
7時まで仕事していたら、あっという間に満席で、「がっかり~」ということもしばしば。
4時には終わらせて、開店と同時に飲みに行きましょう!
ツワモノ入居者レベルになると、ハッピーアワーに合わせて軽く飲みに行き、戻って仕事する方もいます…。
さらには、横浜スタジアムまで徒歩3分という好立地!ガチのベイファンならば、試合前の練習から見たいし、
食べ物は早めに確保したいし、試合前にやることはたくさんですよね!ならば、なるべく近くのコワーキングスペースで仕事するのが一番です!

というのは、冗談でもあり、本気でもあります。
仕事も暮らしも近い関係性であってほしいという私たちの理念から生まれた、10~4時の利用時間。
それは、趣味の時間の充実もそうだし、家族との時間を充実させてほしいという思いも込められています。
なんとなく、いつもの職場で、いつものペースで仕事して、帰りが遅くなってしまうことに後悔や罪悪感があるなら、当施設で10~4時までみっちり働き、その後の時間を充実させて、気持ちのいい明日を迎えてほしい。
そんな気持ちでスタッフは運営しています。

イベント

仕事場を超えた温かみとつながりあるハブに ~3周年感謝祭を開催しました

2022.06.18

2019年6月にオープンしたG Innovation Hub Yokohamaは、この6月に3周年を迎えました。

オープン当時はまだ”シェアオフィスで働く”という概念が”半歩先の働き方”であったのに、2020年からのコロナ禍で、世の中は在宅勤務やリモートワークが広がり、期せずしてシェアオフィスが身近なものになりました。
緊急事態宣言や、対面イベントなどの中止は、横浜・関内で働く人、暮らす人のハブとして、リアルな交流の場を創造したかった私たちにとって、なかなかしんどい時間でありました。しかし、オンラインだからこそ、ご縁や人と人が交わる温度感を大切に運営して参りました。

そして6月2日、入居者様、関係者の皆様、そしてGから卒業された方にもお集まりいただき、感謝祭を開催しました。

「私たちがこうして4年目に突入できるのも皆様のおかげです」とお伝えする場を設けたつもりだったのですが、「おめでとう」という温かいお言葉や、お花やバルーンのプレゼント、短い時間でも駆けつけていただいた方々のお気持ちと、おもてなしする私たちが感激する場面が多くあり、”皆様に支えられてのGである”ことを実感し、”この3年間大切にしてきたことは間違いではなかった”と、確信した時間となりました。

また、入居者のお友達や、卒業された方々など、さまざまな方が違和感なく交われる感謝祭であったことは、学生でも、会社員でも、起業家でも、地域の方でも、どんな人もその人らしい居場所となるハブとして成長していきたい我々にとって、新しいスタートラインに立てた気持ちです。

これからもGらしさを大切に、頑張りすぎずに、頑張って、運営していきたいと思います。

G Innovation Hub YOKOHAMAスタッフ一同

お知らせ G Innovation Hubからのご案内

ゴールデンウイーク休業のお知らせ

2022.04.15

平素よりG Innovation Hub Yokohamaをご愛顧いただき、誠にありがとうございます。
誠に勝手ながら、以下の期間をゴールデンウィーク休業とさせていただきます。

———————————————–
■ゴールデンウイーク休業日:
2022年5月2日(月)

※土日祝を含んだ休業日:4月29日(金)~5月5日(木)
※2022年5月6日(金)より、通常通り営業いたします。
———————————————–

何卒、よろしくお願いいたします。

お知らせ G Innovation Hubからのご案内

「今の自分に合う、働き方を見つけよう」無料体験会を開催いたします!

2022.03.07

日時:3月14日(月)、16日(水)、17日(木)18日(金) 10時~16時
*上記時間内でしたら、いつでもご利用可能です。(事前予約制)

こんな思いの方におすすめ:

  • 現在自宅で仕事をしているため繋がりがほしい方
  • いつも誰かがいる賑やかなオフィスで働きたい方
  • 事務所をコンパクトにしたい方
  • 新年度のタイミングで、新しいオフィスを検討している方
  • 来年からは、いよいよ起業を!」と考え始めている方

当日どんなことができるの?:

  • Gのキッチンを利用し、自家焙煎コーヒーが無料で飲めます!
  • 当日は、参加者みなさまの働き方に合わせて、夕方16時まで働ける場所をご案内させていただきます
  • 体験中はオンライン会議やお電話も可能です
  • 入居者さんのお仕事内容を知ったり、直接お話しすることも可能です

申込方法:

下記ページより、必要情報をご入力いただき、「お問い合わせ・ご質問  message」に、「無料体験会参加希望」とご入力ください。申込フォームこちら

 

スタッフが思うGの雰囲気って?

スタートアップ、セカンドキャリアからの起業、個人事業主と、男女問わず幅広い世代が集う施設です。
インテリアの印象もありクールな雰囲気かと思われがちですが、入居者さん同士でコーヒーを淹れ談笑したり、一緒にランチをしたり、そのうちにお仕事で組んでいたりと、自然と繋がりができている、それはまるでご近所づきあいのようなオフィスです。

SNSや、ネット情報など、同属的な情報や人脈が集まりやすい今のよのなかで、これまでの経歴や職業など同じ部分がまったくない、シェアオフィスの入居者さん同士というリアルな場で生まれる偶然性がちょっぴり楽しい空間です。

お知らせ G Innovation Hubからのご案内

【再開しました】コワーキングスペース1日利用(ドロップイン)をご利用希望の方へ

2022.01.28

(2月14日追記)

☆現在、ドロップイン利用を再開しております。

————————————————————-
いつもG Innovation Hub YOKOHAMAをご利用いただき、誠にありがとうございます。

この度、神奈川県内でのコロナウイルス感染状況、及び「まん延防止等重点措置」考慮し、
コワーキングスペースの1日利用(ドロップイン利用)を一時的に停止することなりましたので、
お知らせいたします。

 

【1日利用(ドロップイン) 利用停止期間】

2022年1月31日~2月13日までの期間

 

利用希望の方につきましては、ご不便をお掛け致しますが、ご理解の程よろしくお願いいたします。

イベント

シェアオフィス・コワーキング無料体験会を開催いたします!

2021.12.28

2022年がいよいよスタート!

新年早々、頭をリフレッシュさせて、G Innovation Hub YOKOHAMAでお仕事してみませんか?

 

〈シェアオフィス・コワーキング無料体験会〉

日時:1月17日 10時開始

*10時より施設案内を開始し、11時頃より自由にスペースでお仕事が可能です。

*当日は、参加者みなさまの働き方に合わせて、夕方16時まで働ける場所をご案内させていただきます。

*オンライン会議やお電話の仕事も可能です。

 

申込方法

下記ページより、必要情報をご入力いただき、「お問い合わせ・ご質問  message」に、「無料体験会参加希望」とご入力ください

申込フォーム:https://gih.yokohama/tour/

 

みなさまのご参加お待ちしております!

Gの働く場所ってどんなところなの?とご興味がある方は、是非こちらの記事もご確認ください。

 

whyG?1章 趣味=仕事 ワーカホリックってどうなの? ~仕事に対する考え方~

お知らせ G Innovation Hubからのご案内

冬季休業のお知らせ

2021.12.09

平素よりG Innovation Hub Yokohamaをご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

誠に勝手ながら、以下の期間を休業とさせていただきます。


冬季休業期間

2021年12月27日(月)~2022年1月4日(火)

*土日祝を含んだ休業日:12月25日(土)~1月4日(火)

*2022年1月5日(水)より、通常営業をいたします。


何卒、よろしくお願いいたします。

リリース

プレスリリース:横浜市、公益財団法人横浜市芸術文化振興財団と ヨコハマ芸術不動産推進機構の3 者による連携協定締結 ~シェアオフィス事業・不動産事業を通じたアーティスト・クリエイターの支援~

2021.11.15

リストプロパティーズ株式会社(代表取締役:北見尚之、本社所在地:神奈川県横浜市)の運営によるシェアオフィス・コワーキングスペース G Innovation Hub YOKOHAMA(以下、「GIHY」という。)が、参画している任意団体「ヨコハマ芸術不動産推進機構」と、横浜市、公益財団法人芸術文化振興財団の3者間にて芸術不動産事業※1(以下、「本事業」という。)の推進における連携協定を11月10日に締結しました。

経緯について

横浜市では文化創造都市(クリエイティブ・シティ)の理念を掲げ、アーティスト・クリエイターの集積による街の活性化に取り組んできました。2004 年から本格的に始まった文化芸術創造都市施策と密接に関わり、民間不動産のストック活用を行ってきたのが本事業です。
再開発が行われている横浜駅やみなとみらい地区とは対照的に、関内・関外地区は、歴史的風情のあるビルが多く、また、中小企業のオフィスビル需要が高いエリアです。築年数の古い建物をリノベーションした趣きのあるオフィスは、近年リクルート戦略としてオフィス内部と周辺環境(飲食店やジムがある、職住近接が実現できる等)の働く場が重要な経営資源の一つとして考えられています。関内・関外地区はGIHY を始めとしたインキュベーション機能を持つオフィスも点在し、多様性が高く特色のある市街地となっています。

主な活動

〇窓口の創設
遊休不動産の活用やビルメンテナンスを希望するビルオーナーや、リノベーション可能な物件を希望するアーティスト・クリエイターが、気軽に相談できる窓口をGIHY 内に開設いたします。

〇関内・関外の地域ネットワーク・ハブ
GIHY の運営で培った地域ネットワークとの結節点となり、地域交流や異業種交流を促進していきます。

〇アーティスト・クリエイターの活動の場
GIHY の一部スペースを活用し、アーティスト・クリエイターの作品を展示できるギャラリーやイベントの会場として活動の場を開放します。

〇不動産事業による仲介業務
GIHY を運営するリストプロパティーズ株式会社(リストグループ)で培ってきた不動産ノウハウを活かし、ビルオーナーと利用者を繋げる不動産仲介業務を行い、関内・関外地区における遊休不動産の流通促進に繋げます。

今後の展望

本事業に参画することで、関内エリアで創業し30 年間培ってきたリストグループとしての不動産ノウハウと、GIHY の運営で培った地域ネットワークの繋がりを通じ、横浜市関内エリアを中心とした更なる地域活性化に努めてまいります。

(※1)「芸術不動産事業」とは、横浜市が遊休不動産を創造的に活用することで、アーティスト・クリエイターの集積やまちの活性化を進める事業です。
https://www.city.yokohama.lg.jp/kanko-bunka/bunka/sozotoshi/sozotoshi/artrealestate.html

 

リリース

プレスリリース:横浜市内のアクセラレーション参加者向け コワーキングスペース新プランを開始

2021.09.24

リストプロパティーズ株式会社(代表取締役:北見尚之、本社所在地:神奈川県横浜市)が運営するG Innovation Hub Yokohama(以下、「GIHY」という。)は、横浜市内のスタートアップ企業への支援のため、アクセラレーションプログラム参加者向けの新プランを、2021年9月24日より開始します。

プラン設立の経緯について

横浜市は、2019年1月に「イノベーション都市・横浜」を宣言し、同年10月にはベンチャー企業成長支援拠点「YOXOBOX(よくぞボックス)」が関内に設置され、横浜・関内エリアはスタートアップ企業が集まる気運が高まりつつあります。スタートアップ企業のエリア定着を目指すために、GIHYでは成長過程のスタートアップ企業がより働きやすい環境を確保できる新プランを立ち上げました。

プラン概要

横浜市内のアクセラレーションプログラムに参加をするスタートアップ企業に限り、プログラム参加期間中のコワーキングスペース利用料を割引料金でご利用頂けます。また、GIHYでは、入居者同士でのビジネス連携のみならず、施設の枠を超えた横浜・関内エリアでの交流や事業展開が生まれるなど、入居者企業の成長に繋がる環境が整っています。

通常 適用プラン
コワーキングスペース利用料金 19,800円(税込み) 11,000円(税込み)
保証金 34,000円(非課税) 無料

*割引適用にあたり、対象企業についてはG独自に審査を行います。

 アクセラレーションプログラムに採択されたGIHY入居者

タクトピクセル株式会社

CEO兼CTOの玉城哲平氏は、横浜国立大学大学院(修士)卒業後、印刷業界向けの画像検査ソフトウェアの開発に携わるとともに、新規事業の企画・立ち上げ、営業、販売サポートを経験。2018年に起業し、深層学習を始めとするAI・機械学習の技術を画像処理に適用した印刷業務向けソリューションクラウドサービスオンライン校正検版ツール「proofrog」を展開。

株式会社SmartCraft

代表取締役の浮部史也氏は、慶應義塾大学法学部を卒業後、株式会社キーエンスに入社。横浜エリアの製造企業を顧客に法人営業を経験。その後アクセンチュア株式会社にて戦略コンサルタントを経験した後、2021年に起業。“モノづくり産業のニュースタンダードを創る”というミッションのもと、製造現場向けに業務効率化ソフトウェア(SaaS)「Smart Craft」を開発・提供。2021年7月、シードラウンドにて5,000万円の資金調達を実施。

展望について

GIHYでは、今後もシェアオフィス・コワーキング事業を通じ、街との繋がりを大切に地域経済の活性化に努め、横浜で起業する基盤(土壌づくり)へ寄与していきます。

*アクセラレーションプログラムとは:スタートアップ企業や中小企業を対象とした、短期間で事業を成長させるためのプログラムです。