関内駅直結シェアオフィス | G Innovation Hub YOKOHAMA

関内駅直結シェアオフィス | G Innovation Hub YOKOHAMA(TM)

内覧申し込み&その他 お問い合わせ  

G Innovation Hub YOKOHAMA

NEWS

リリース

プレスリリース:横浜市内のアクセラレーション参加者向け コワーキングスペース新プランを開始

2021.09.24

リストプロパティーズ株式会社(代表取締役:北見尚之、本社所在地:神奈川県横浜市)が運営するG Innovation Hub Yokohama(以下、「GIHY」という。)は、横浜市内のスタートアップ企業への支援のため、アクセラレーションプログラム参加者向けの新プランを、2021年9月24日より開始します。

プラン設立の経緯について

横浜市は、2019年1月に「イノベーション都市・横浜」を宣言し、同年10月にはベンチャー企業成長支援拠点「YOXOBOX(よくぞボックス)」が関内に設置され、横浜・関内エリアはスタートアップ企業が集まる気運が高まりつつあります。スタートアップ企業のエリア定着を目指すために、GIHYでは成長過程のスタートアップ企業がより働きやすい環境を確保できる新プランを立ち上げました。

プラン概要

横浜市内のアクセラレーションプログラムに参加をするスタートアップ企業に限り、プログラム参加期間中のコワーキングスペース利用料を割引料金でご利用頂けます。また、GIHYでは、入居者同士でのビジネス連携のみならず、施設の枠を超えた横浜・関内エリアでの交流や事業展開が生まれるなど、入居者企業の成長に繋がる環境が整っています。

通常 適用プラン
コワーキングスペース利用料金 19,800円(税込み) 11,000円(税込み)
保証金 34,000円(非課税) 無料

*割引適用にあたり、対象企業についてはG独自に審査を行います。

 アクセラレーションプログラムに採択されたGIHY入居者

タクトピクセル株式会社

CEO兼CTOの玉城哲平氏は、横浜国立大学大学院(修士)卒業後、印刷業界向けの画像検査ソフトウェアの開発に携わるとともに、新規事業の企画・立ち上げ、営業、販売サポートを経験。2018年に起業し、深層学習を始めとするAI・機械学習の技術を画像処理に適用した印刷業務向けソリューションクラウドサービスオンライン校正検版ツール「proofrog」を展開。

株式会社SmartCraft

代表取締役の浮部史也氏は、慶應義塾大学法学部を卒業後、株式会社キーエンスに入社。横浜エリアの製造企業を顧客に法人営業を経験。その後アクセンチュア株式会社にて戦略コンサルタントを経験した後、2021年に起業。“モノづくり産業のニュースタンダードを創る”というミッションのもと、製造現場向けに業務効率化ソフトウェア(SaaS)「Smart Craft」を開発・提供。2021年7月、シードラウンドにて5,000万円の資金調達を実施。

展望について

GIHYでは、今後もシェアオフィス・コワーキング事業を通じ、街との繋がりを大切に地域経済の活性化に努め、横浜で起業する基盤(土壌づくり)へ寄与していきます。

*アクセラレーションプログラムとは:スタートアップ企業や中小企業を対象とした、短期間で事業を成長させるためのプログラムです。

お知らせ G Innovation Hubからのご案内

1日ドロップイン コワーキングスペース利用の方へ

2021.09.13

G Innovation Hub Yokohamaは、ドロップインでのご利用も可能です。

ご自宅以外の仕事場に、集中して作業したいときに、出張時の空き時間に、ぜひご利用ください。また、シェアオフィスに興味がある方も、一度ご利用いただくと、”自分らしい”働き方のヒントが見つかるかもしれません。Gは、新しい働き方やチャレンジを応援しています。

ご利用時間/料金

平日のみ営業
10時~16時 1,650円
12時~16時 1,100円
*ご予約不要です。受付にて、クレジットカード又は電子マネーでお支払いください。

ご利用に関して

  • お席のご予約はできませんので、ご了承ください。
  • お席でのweb会議は禁止しております。施設内のTELブースをご利用ください。
    希望時間が空いていない場合は、2階会議室(有料)のご利用をお願い致します。

お知らせ G Innovation Hubからのご案内

夏季休業のお知らせ

2021.07.30

平素よりG Innovation Hub Yokohamaをご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

誠に勝手ながら、以下の期間を休業とさせていただきます。

———————————————–
■夏季休業日
2021年8月10日~8月13日

※土日祝を含んだ休業日:8月7日(土)~8月15日(日)
※2021年8月16日(木)より、通常通り営業いたします。
———————————————–

何卒、よろしくお願いいたします。

お知らせ G Innovation Hubからのご案内

ゴールデンウイーク休業のお知らせ

2021.04.16

平素よりG Innovation Hub Yokohamaをご愛顧いただき、誠にありがとうございます。
誠に勝手ながら、以下の期間をゴールデンウィーク休業とさせていただきます。

———————————————–
■ゴールデンウイーク休業日:
2021年4月30日(金)

※土日祝を含んだ休業日:4月29日(木)~5月5日(水)
※2021年5月6日(木)より、通常通り営業いたします。
———————————————–

何卒、よろしくお願いいたします。

お知らせ G Innovation Hubからのご案内

冬季休業のお知らせ

2020.12.21

平素よりG Innovation Hub Yokohamaをご愛顧いただき、誠にありがとうございます。
誠に勝手ながら、以下の期間を冬季休業とさせていただきます。

———————————————–
■冬季休業期間:
2020年12月28日(月) ~ 2021年1月5日(火)

※12月28日、29日は、新型コロナウィルス感染拡大に伴う
政府の年末年始長期休暇要請を考慮し、
運営会社:リストプロパティーズ㈱もお休みさせて頂きます。
※土日祝を含んだ休業日:12月25日(土)~1月5日(火)
※2021年1月6日(水)より、通常通り営業いたします。
———————————————–

何卒、よろしくお願いいたします。

イベント

関内外OPEN12に参加いたしました!

2020.11.10

横浜のJR関内駅周辺に拠点を持つクリエイターたちが、町や人と繋がるために”なにかを開く”イベント、「関内外OPEN」。

12回目となる今回はオンラインで開催しています!

テーマは”さようならクリエイター こんにちはクリエイティブ”。

約60組のクリエイターが、活動紹介からクリエイティブな問いまで、自ら制作した映像を配信しています。

Gも参加し、youtubeにて動画を公開していますので、チェックしてみてください!

 

関内外OPEN12

https://www.kannaigaiopen.jp/

 

G Innovation Hub Yokohama 関内外OPEN 動画映像

イベント

横浜で働くを楽しもう〜ヨコハマコワーキング運営者座談会~vol.2に登壇致しました

2020.10.30

YOXO事業で開催された、「横浜で働くを楽しもう~ヨコハマコワーキング運営者座談会~vol.2」に登壇いたしました。
前回の座談会の様子はこちら

今回の座談会では、前回同様に横浜の関内地区・みなとみらい地区に拠点を構えるコワーキング施設5社が集まり、コロナ禍におけるオンラインイベント開催についてや、スタートアップ企業の入居についてなどをお話しました。

YOXO事業とは?
横浜での“クロスオーバー”からイノベーション創出を目指して、横浜市は、2019年1月に、新たなイノベーションを横浜から創出していく、「イノベーション都市・横浜」を宣言しました。また、この宣言の実現に向けて、横浜をクロスオーバーするイノベーションを起こす「YOXO(よくぞ)」のテーマのもと、スタートアップやイノベーション人材などの支援を実施しています。

 

コロナ禍における変化と課題感について

ブルーコンパスでは

ブルーコンパスでは、オフラインのイベントからオンラインイベントに切り替えました。オンラインに切り替えることで、直接人と会わない・温かみがない、雑談が生まれないなどの意見がありました。また、イベントの写真撮影をした際に変わり映えがしないなどもありました。また、雑談がしずらいことについて、zoomのブレイクアウトルームも活用するなど、参加者への配慮がとても必要になりました。
しかし一方で、移動時間が少なくなったことは、登壇者にも参加者にもメリットがり、オンライン化をポジティブにとらえています。

 

BUKATSUDOでは

BUKATSUDOでは、学ぶタイプのイベントと交流するタイプのイベントの2パターンが主にありますが、交流を楽しむイベントが開催しずらかったです。例えば、一緒に料理を作るなどのイベントは一度も開催はできませんでした。しかし、学ぶイベントでは全国から登壇してくださり、交通費や時間の負担も減ることができ、参加者も他地域から参加がありました。
私たちもやはり、参加者同士でコミュニケーションを生むうえで、zoomのブレイクアウトルーム機能を活用し、運営側の配慮が同様に求められたなと感じました。
BUKATSUDOの良さである、オープンキッチンを使えないのは残念でしたが、オンライン化が進むことにより、施設に来てもらえないこともあるため、コワーキング施設のコンセプトやコミュニティーの特色をしっかり発信しなければならないと感じています。

 

mass×mass| 関内フューチャーセンターでは

mass×massでもリアルなイベントができなかったですが、9月に入りようやくリアルイベントを開催しはじめました。また同時にウェビナーのオンライン配信もしています。
例えば、登壇者と15名のみリアルイベントとしてコワーキング施設で参加頂き、残り30名ほどはオンラインで参加頂きました。オンラインでは、鹿児島~東北まで全国から参加頂き、これまでになかった参加者に参加頂いています。

気をつけたこととして、トークをする登壇者には、わざわざ来ていただきました。現地で登壇者にはリラックスした雰囲気をつくりラジオのような語り方を意識し、参加者にはオンラインでもオフラインでも聞きやすいイベントづくりをしました。カメラも3台準備し、オンラインでも現地で参加しているような工夫をしました。

 

G Innovation Hub Yokohamaでは

Gでは、オフラインのイベントは、ほぼやっていない状態です。入居者同士の少人数での交流会や入居者さんが実施する少人数イベントは、コロナ対策をしたうえで開催していますが、オンライン、オフライン共にイベント開催についてはゆっくりと進めている状況です。

 

THE BAYSでは

BAYSでは、オンラインイベントに切り替えることで、最近は100人以上参加頂けるようになりました。
イベントをインタラクティブにすることに課題感がありましたが、チャットなど他のツールも使い徐々になれてきました。今後は、オフラインでイベントを開催しながら、オンラインでも配信するハイブリッドでの開催を検討しています。
zoomだと、参加者側の表情が見ずらいという登壇者からの意見もあったので、参加者の雰囲気なども把握しながらイベント開催できるかが今後の課題かと考えています。

 

お話から、オンラインイベントは雑談が生まれないなどの課題感があるものの、今後はオンラインとオフラインのイベントをハイブリットでやることを模索し始めている施設が多いようです。

また、座談会のお話はオンラインイベント時は、「参加者同士や、参加者と運営者のインタラクティブな交流はどうやってできるのか?」という議論になり、みなさんの工夫方法を伺うことができました。

BAYSでは、チャットツールを利用することが多く、またコメントを投げ込みやすいように、事前に知り合いにコメントしてもらうよう促すなどの環境を作っています。ブルーコンパスでは、参加者に先に自己紹介をしてもらい、それがきっかけでコメントが書きやすい空気感を作っています。

 

 

起業する人/スタートアップ企業は入居されているか?

前回のイベント後に質問もあった、各コワーキング施設でのスタートアップ企業の入居のお話をお伺いしました。

THE BAYSでは

BAYSには、スタートアップ企業は多くはなく、都内で働かれている方が自宅勤務と併用してリモートオフィスとして利用されているケースが多いです。
しかし、リモートで働かれている方が、副業として今後起業される方が出てくるかもしれず、利用者同士で、副業情報を共有している光景が見受けられています。

 

mass×mass| 関内フューチャーセンターでは

mass×massでは、スタートアップ企業は複数社いますが、短期間で成長し上場やバイアウトを狙うスピード感だけでなく、自分自身で会社を成長させたいという方もいらっしゃいます。
日報アプリのサービスを展開されている、㈱gambaが入居されています。代表である森田さんは楽天で働かれており、当時日報を送る業務担当されていました。当時の経験を活かし、お1人でサービスを立ち上げられてから、スタッフも12名に増え成長されている企業さんです。現在は、リモートワークで自宅でも仕事されており、月1回だけmass×massにお越しになり社内会議をされています。
RPAの開発をされている企業であるPeaceful Morning株式会社は、エンジェル投資家に出資もされているスタートアップ企業です。newspicksのイベントに参加されてもいらっしゃり、発信活動も積極的に行っていらっしゃいます。
mass×massでは、大手企業で現在所属されており、横浜市経済局のソーシャルスタートアップビジネス講座を受講し、セカンドキャリアとして企業され入居される傾向もあります。みなさん元気でこれまで培ってきたスキルや人脈を、個人のフレームの中で社会に役立つ規模で起業されているのが特徴です。

 

BUKATSUDOでは

BUKATSUDOでは、フードデリバリーサービスを展開されているスカイファーム㈱さんが入居されています。5年前からコワーキングスペースを利用され、横浜では有名なスタートアップ企業に成長されています。スカイファームさんは、ランドマークタワーの飲食店が、ランドマークのオフィス入居者にデリバリーするビル内の宅配事業をされていました。そのため、同じくランドマークに施設があるBUKATSUDOは、拠点としても重宝されています。
また、スカイファームさんはデリバリーする際も、横浜市が運営しているシェアサイクルのbaybaikeやシェアカーのチョイモビも活用されており、みなとみらいにある資源を最大限活用されています。

 

ブルーコンパスでは

ブルーコンパスのコワーキングスペースの会員は、女性しかいないことが特徴です。1番多い入居者は、個人事業主で、その次に法人の利用や今後起業を考えている方も入居されています。
たとえば、今はパートや社員として本業の会社で働かれているが、今後は起業する予定の方も中にはいらっしゃいます。また、年齢層は30-40代が多く、そろそろ定年退職が近づいていために、起業したいというシニア起業の方もいらっしゃいます。

 

G Innovation Hub Yokohamaでは

Gでは、もともと大手企業で働かれており、その後そのスキルを活かして起業されるセカンドキャリアの方が多くいらっしゃいます。大体30-40代が多いのが特徴です。安定感があるのはヨコハマらしいのかもしれません。
そんな中でも、横浜でハイクオリティなチョコレートブランドを作ろうとスタートアップしたての20代の方もいたりします。それを入居者さんに振舞まい、20代の若い世代が30-40代の経験豊富な方に意見を聞きながら交流していたりもします。

 

 

参加者からの質問タイム

Q:社内ベンチャーでコワーキングに入居している人はいるか?

BUKATSUDOでは、周辺の外資系企業に就職されている方が、社内でCSRや働き方について活動をされており、その影響で9月に入居された方もいます。みなとみらいは大手井企業も多いので、特有の特徴なのかもしれません。

G Innovation Hub Yokohamaやmassmass、BAYS、ブルーコンパスにはいなさそうです。
大手企業の場合は、秘密保持などに注意が必要な可能性も多いと思うので、社内ベンチャーの方が入居する場合は、コワーキング側のケアも必要になってくるかもしれません。

 

Q:横浜市に拠点を置いた場合、横浜市からのサポートはあるのか?

横浜市経済局誘致推進部企業誘致・立地課があり、希望へのサポート一覧が掲載されています。
詳しくは以下サイトをご確認ください。
https://www.city.yokohama.lg.jp/business/keizai/sougyo/sogyoshien/sougyoshien2019.html

 

Q:横浜のスタートアップで映像系の企業はいますか?

ブルーコンパスの入居者で、動画を製作するレッスンをされている方がいらっしゃいます。

㈱キャリアスタイルさんが展開する動画レッスンで、「3か月でyoutubeを20本の動画を上げる」という目標を掲げ、レッスンを提供されています。中小企業の社員や間もない起業家さんが受講されており、6日間のレッスンで、自社の商品やサービスを撮影した動画を活用し、どうやって売り出すかという視点で受講ができます。

年内に4期生目の募集も始まります。ご興味ある方はご応募ください!
http://blog.careerstyle.jp/ytkouza.html

 

mass×massでも、映像系のアプリを製作されている方がいらっしゃいます。

4月に名古屋から移住されてきた方で、もとは大手の通信会社で世界中をぷらぷらされており、会社名が「プラプラ」と言います。笑
その後、大手のゲーム会社で働かれた後、野毛エリアの飲食店をPRするアプリサービスを立ち上げられました。野毛に行ってアプリをかざすと野毛エリアの飲食店のPR動画を見ることができる街歩きができるアプリです。

野毛に行かれる際は、ぜひこのアプリを活用してみてください!

動画マップ『プラプラ』が野毛でスタート!!

 

今回の座談会では、コワーキング施設の運営者が感じるイベントのオンライン化による課題や取り組み、具体的な入居者のお話まで、幅広くお話いたしました。

 

イベント

横浜で働くを楽しもう~ヨコハマコワーキング運営者座談会~に登壇いたしました

2020.10.02

YOXO事業で開催された、「横浜で働くを楽しもう~ヨコハマコワーキング運営者座談会~」に登壇いたしました。

今回の座談会では、横浜の関内地区・みなとみらい地区に拠点を構えるコワーキング施設5社が集まり、オンラインで各施設のサービスやコミュニティーの特徴をお話しました。

YOXO事業とは?
横浜での“クロスオーバー”からイノベーション創出を目指して、横浜市は、2019年1月に、新たなイノベーションを横浜から創出していく、「イノベーション都市・横浜」を宣言しました。また、この宣言の実現に向けて、横浜をクロスオーバーするイノベーションを起こす「YOXO(よくぞ)」のテーマのもと、スタートアップやイノベーション人材などの支援を実施しています。

 

個性豊かなコミュニティーを育むコワーキング施設

THE BAYS

横浜DeNAベイスターズの提唱する横浜スポーツタウン構想のパイロットプログラムとして、新たな取り組みを発信する拠点「THE BAYS(ザ・ベイス)」。Sports x Creativeをテーマとして、新たなライフスタイルや産業を生み出していくことで、日本大通り地区や横浜のまち全体に賑わいを創り出していきます。

 

mass×mass| 関内フューチャーセンター

シェアオフィス、ワークショップスタジオが1つとなったコミュニティプラットフォーム。横浜関内の中心市街地の空き室をリノベーションして、あたらしい価値を生み出す人たちが地域や社会に対してチャレンジできるきっかけを掴む場として、働く場としてのワークプレイス、あたらしい気づきを得るための交流イベント、新分野へ挑戦するための学びの場など、多様なステージとレイヤーの人たちが集い、対話を通して未来を創るプロジェクトです。

BUKATSUDO

2014年にみなとみらい・造船ドック跡地にオープンした「大人の部活が生まれる、街のシェアスペース」をコンセプトにしたシェア型複合施設。公民連携事業として、横浜市・横浜市芸術文化振興財団・三菱地所グループのサポートのもと、株式会社リビタが運営を行う。

 

ブルーコンパス

横浜駅東口徒歩4分の場所にある、女性専用コワーキングスペースです。スタッフも全員女性なので女性が安心して仕事や活動を行うことができる空間を提供しています。

 

G Innovation Hub Yokohama

2019年6月に開業した横浜「関内」駅直結のシェアオフィス・コワーキングスペースです。160年の歴史を持つ開港都市ヨコハマの未来を開く「扉/Gate」として、多様な人が集まり、新たな視野や議論が広がるイノベーション・ハブ創出を目指しています。

 

それぞれの拠点でコミュニティーの特徴はある?

THE BAYSでは
ベイスターズが運営していることで、野球好きやスポーツ好きが多く、また野球を観戦して交流を育むことが多く、入居者同士で仲良くなれることが特徴です。

mass×mass| 関内フューチャーセンターでは
起業家スクールも運営しているmass×massでは、起業する人、新しいアクションにチャレンジする人が多く、民間企業だけでなく3割はNPO法人も所属しています。ソーシャルビジネスをされている方も多いです。

BUKATSUDOでは
カメラ部など、趣味で集まっているコミュニティーが多いBUKATSUDOでは、共通した好きなことで利用者同士が集まっています。1日だけのコワーキングスペース利用も可能なので、みなとみらいに働く会社員の方から、フリーランスとしてコワーキングで仕事をする方まで幅広く利用者がいます。

ブルーコンパスでは
女性専用のコワーキングスペースで、女性の起業家やゆくゆく起業するために新しいことをチャレンジする方、会社員として活躍する女性も利用者が多いです。
女性の学習塾も開いているため、幅広い女性層が集まっています。

G Innovation Hub Yokohamaでは
上場企業で活躍されていた方が、独立され入居するケースも多く、スキルをすでにお持ちでビジネスにチャレンジされている方が多いです。キッチンで交流が生まれるケースが多く、スタッフが入居者のちょっとした変化に気づき、運動部の寮母みたいな交流が生まれていることも特徴です。

 

COVID-19による影響はある?

ブルーコンパスでは
使えないからと言って解約した方はいなかったです。事業をオンラインに移行したいという希望が多く、そのサポートをする勉強会を実施していました。
また、小学校が休校になったことで育児領域が増え、女性の活動できる時間が少なくなってしまったことは、影響がありました。

BUKATSUDOでは
半径10km圏内の横浜市西区中区在住の方の利用がとても増えました。会社で働けないことで、コワーキング施設を利用される方が多いです。BUKATSUDOでは、学ぶ・遊ぶというテーマでヨガイベントなどもしているので、イベントの利用も増えてきています。
月額の利用者さんも緊急事態宣言解除後も増えていることが特徴です。

mass×mass| 関内フューチャーセンターでは
家で仕事ができない方も多く、出社される方も多かったです。特に、オンライン会議が増えたことで、ご自宅でお仕事できない方が、家の近くにコワーキングスペースがあったことで良かったとの声も寄せられています。

THE BAYSでは
コロナの前は、若いノマドワーカーが多かったが、都内にオフィスがある方の利用者も増えてきます。会議室の利用者もとても増えました。これまで、BAYSではオンラインイベントを行ってきたことはなかったが、オンラインイベントを開催することになり、全国各地からオーディエンスが集めれるようになりました。

G Innovation Hub Yokohamaでは
ポジティブな意味でほぼ変化がなく、退去される方もほぼいらっしゃなかったです。ただ、働くスタイルが人によって変わったことにより、コワーキングスペースからシェアオフィスに契約を変更したり、逆もありました。見学者も増えてきています。

関内地区・みなとみらい地区の面としても、コワーキングスペースの利用者が増えてきていることがわかる、クロストークになりました。

 

次回座談会は、10月13日(火)開催決定!

「横浜で働くを楽しもう〜ヨコハマコワーキング運営者座談会~vol.2」が、開催決定いたしました!

全3回のうちの2回目は、COVID-19によって「オンラインとオフラインをどのように活用」し、入居者や関係者とのコミュニケーションをとっているのか、そしてどのような変化が出ているのか各拠点から情報共有していただきつつディスカッションをいたします。
また、各拠点にてスタートアップやベンチャー企業の入居状況なども聴きながら、スタートアップコミュニティ構築の緒を探ってまいります。

参加申込は、下記イベントページをご確認ください。
https://peatix.com/event/1650666

 

お知らせ G Innovation Hubからのご案内

夏季休業のお知らせ

2020.07.29

平素よりG Innovation Hub Yokohamaをご愛顧いただき、誠にありがとうございます。
誠に勝手ながら、以下の期間を夏季休業とさせていただきます。

———————————————–
■夏季休業期間:
2020年8月11日(火) ~ 2020年8月14日(金)
※土日祝を含んだ休業日:8月8日(土)~8月16日(日)
※2020年8月17日(月)より、通常通り営業いたします。
———————————————–

何卒、よろしくお願いいたします。

サービス再開のお知らせ

2020.05.28

G Innovation Hub Yokohamaでは、緊急事態宣言の解除を受け、6月1日(月)より順次サービスの再開を行って参ります。
ご利用頂いております皆様には、長らくご不便をお掛け致しました。ご理解いただけたことに感謝申し上げます。

≪見学について≫
6月1日以降の見学希望の方は、現地でのご案内のほか、オンラインでの質問対応も、継続して行って参ります。
なお、現地での見学につきましては、必ず事前にご予約が必要になりますので、見学希望日をご記載の上、お問い合わせください。

≪会議室利用について≫
会議室につきましては、6月1日以降にご予約を再開させて頂きます。

≪コワーキングスペース1日利用について≫
コワーキングスペースのドロップイン1日利用につきましては、感染拡大防止の準備後、6月15日(月)より段階的にサービスを再開致します。

COVID-19の感染状況により、今後も行政等の指示に従い運営の休止又は制限等を行う場合がございます。
お問い合わせはお気軽にご連絡ください。何卒ご理解ご協力をよろしくお願いいたします。

——————————————————
問い合わせ先:
G Innovation Hub Yokohama
045-228-8776
management-gih.yokohama@list.co.jp